症例3

治療内容

噛み合わせによる歯の痛み

来院された経緯・お悩み

7年ほど前から、奥歯に入れた差し歯の噛み合わせが合わずなのか?痛い。根の治療をしても痛みが取れないので、歯を抜いたが、その手前の歯が痛くなってきた。

症例紹介

治療経過

顎の位置というのは、歯並びに支配させています。歯並びと適正な顎の位置は必ずしも一致していないという典型的なケースと言えます。この方の場合は、K-7を使用して咬みあわせの検査を行い、顎位置のズレを矯正するためにマウスピースを使ってもらうようにしました。顎のズレの補正は、前後左右だけではなく「捻れ」も視野に入れますので3次元的な診査診断が可能なK7により適正な顎の位置を記録します。

顎の関節や頭痛等の症状があるわけでないですが、約2週間程で歯の痛みを感じなくなりました。

マウスピースをもう少し早くに装着していれば歯を抜かなくても良かったかもしれません。

K7よる噛み合わせ採取

マウスピース装着時