谷口歯科診療所の安心安全なインプラント治療

診療所のお知らせ

安心安全なインプラント治療

私達が考える「安心安全なインプラント治療」には、最低でも3つの条件があります。

①日本国内のインプラント学会専門医ライセンスを有していること。

私の所有するインプラント専門医ライセンス

・日本口腔インプラント学会専門医(JSOI)2010年 取得までに9年
・近未来オステオインプラント学会専門医(IPOI)2015年 取得までに7年

この二学会のみが日本国内のインプラント専門の学会です。

・米国国際インプラント専門医学会フェロー(ICOI)2005年 取得までに2年

※日本国内のインプラント学会専門医はアメリカなど海外の専門医ライセンス等より、取得難易度がとても高いとされています。

やはり日本人のあごの骨は、欧米人などから比べて小さいですから、日本人のためインプラント学会で得られる情報がハッキリと有効と言えます。

確かな日本国内のインプラント学会専門医(ライセンス)を有していること

②学会発表、研究発表、歯科専門誌への執筆、論文提出などを行なっている。

歯科医師は科学者でもあります。
学会発表、研究発表は、研鑽を積む上で大切なことです。
学会発表というのは、同業者である歯科医師の前で発言することです。

しっかりと保存しておいた患者さんの資料(口腔内写真や治療計画書など)をまとめます。
自分の臨床を振り返ることで、見えてくる「自分の臨床評価」がはっきりします。

発表だけではありません、質疑応答では、基本的には誰も助けてくれません。
そのためにも準備を怠ることはありません。

ここまで準備して臨む学会発表とは、自分の仕事に必ず「気づき」があります。

インプラントについて学会発表、研究発表、執筆など研鑽を積んでいること

③インプラント手術までに十分な準備期間を掛けている。

巷では、インプラント手術 年間0000本の実績!1本10万円!などホームページや雑誌に掲載している「インプラント屋さん」がいます。

まず、私達が感じることは、その「インプラント屋さん」の広告塔の人物とその取り巻きの実態が不明かつ不可思議です。
広告塔の人物だけ、お名前、お顔、出身大学は出ているようですが、実際の執刀医先生方のお名前、お顔、出身大学、学会発表や研究論文、歯科専門誌への執筆等を見たことがありません。

通常、インプラント治療専門の歯科診療所でインプラント治療を総合的に診査診断、治療計画等を立案するまでに要する時間は、最低でも1ヶ月以上は掛かります。十分な診査診断、十分な準備、十分な同意、歯科麻酔医等の手配など。

因みに最近、当診療所にセカンドオピニオンでいらした方は、「インプラント屋さん」にて午前にインプラント相談に行ったら、その勢いで午後に手術をされたとのことでした。「痛くてどうにかして欲しい」ということでした・・・。。
このような話を聞くと、言いたいことは山のようにありますね。

インプラント治療が始まるまでに十分な時間を掛けていること

口臭治療

ほんだ式口臭治療

谷口歯科診療所では札幌駅前初の『ほんだ式口臭治療』を行っている提携歯科クリニックです。

当医院は、口臭外来(予約制)を設置しており、口臭治療に関しては世界的に第一人者であり、東大阪市にて御開業されているカリスマ「本田俊一先生」が開発された、どんな口臭も改善し、無臭化してまうという画期的な『ほんだ式口臭治療』の大阪研修の基、認定医提携クリニックとなりました。

たにぐち式口臭治療

ほんだ式口臭治療による結果を「より効果的に」そして「より理解しやすい様」を目標にしております。

口臭外来開設12年間から生まれた各メディアからも注目された”マル秘実習”を取り入れた方法です。 本田先生からは、「たにぐち式口臭治療」と言われております。

噛み合わせ治療

日本で唯一、SHILLA SYSTEMとK7を組み合わせるという事

当診療所では、SHILLA SYSTEMとK7を組み合わせた「噛み合わせ治療」を行っております。

噛み合せ治療とは、あまり聞いた事がない治療法に聞こえるかもしれません。
歯は、咬むための道具(臓器)です。
それは、義歯(入れ歯、ブリッジ、インプラント)も同じ目的です。
勿論、歯並びも含めた見た目も大事である事は大前提です。
しかし、しっかりと咬めない状況では、幾ら見た目が良くても咬むための道具(臓器)としては残念な結果と言えます。
では、噛み合せ治療とは何をするのでしょうか?
それは、御自身の上下あごの位置と歯の位置を理想的な場所へ誘導する事で不快症状を消失させる、または軽減させる治療法のことです。

(※軽減というのは、その不快症状の原因が噛み合せだけとは限らない為です。)

あごの位置は、歯の位置によって左右されます。

本当はここ(この場所)で咬みたいけど…、心地よいあごの位置に上下噛み合う歯(天然歯、入れ歯、ブリッジ、インプラントを含む)が並んでいなければ、現状で並んでいる歯と顎の位置で咬む他に方法はありません。
簡単に言えば、奥歯にゴマが挟まった状態では不愉快ですよね?
それは、そのゴマが挟まったままの噛み合せでは、しっくりしないからと思います。でもゴマが取れなかったら、仕方なくそのまま咬んでいる様な感じ。もし、そのような不快な状態が、噛み合わせ全体で起きてしまうと・・・。
どこが不具合なのか?判らないけど、かなり不快となります。
その噛み合せにより、頭痛、肩こり、偏頭痛(群発性頭痛など)、目の奥が熱い、耳鳴りなどが起きてしまう要因となる事があります。

歯牙意図的再植治療

根の治療だけでは、どうしても治らない根の先端の病気があります。 それは、根の先端3mmに秘密(全世界共通の学術的根拠)があります。

我々、歯科医師が根の治療が出来るのは、歯の根幹のみです。
しかし、根の先端には枝が存在していたり、根の先が極端に曲がっている場合があります。
取り残した元・神経は感染源となり、一般歯科で行なっている“根の治療”だけは治すことが できない構造の場合、根の先の病気が治り難い事になります。
当診療所では、その様な歯に悩んでいる患者様に対して、"歯科用CTスキャン"と"マイクロスコープ"を使用した「意図的再植」という手法を御提案しております。

歯科用マイクロスコープ
歯科用CTスキャン

アクセス・診療時間

ご予約・お問い合わせは
来院の際にはまずお電話でご予約ください。
はじめての方でもお気軽にご相談ください。
平日 午前 9:00~13:00
昼休み 13:00~14:00
午後 14:00~19:00
土曜 午前 9:00~13:00
午後 休診
日曜・祝日 午前 休診
午後 休診